育児の間のホッと一息。自分で淹れるコーヒーのススメ。

趣味
スポンサーリンク

皆さん、息抜きはちゃんとしていますか?仕事や育児に追われがちで、自分の時間を取れなくなってしまっているという方も多いのではないでしょうか。私は、ちょっとしたコーヒーブレイクを設けて息抜きをしています。

カフェインによる「眠気対策」として日本でも親しまれているコーヒーですが、実は眠気対策以外にもとっても魅力的な効果がたくさんあるんです。コーヒーの持つたくさんの魅力と初心者が始めるために必要な道具、コーヒーの淹れ方まで紹介します。

コーヒーの基礎知識

コーヒーは何の実?

コーヒーは、「コーヒーノキ」という木から採れる木の実です。カタカナ表記だとわかりにくいですが和名表記で「コーヒーの木」と書くとわかりやすいですよね。これが公式名称です。なんとストレート・・・。

最初は緑色の実が実り、段々と赤色に色づいてきます。収穫時期まで熟すとチェリーに似た赤色になります。見た目がチェリーに似ているので、収穫時期の実はコーヒーチェリーと呼ばれます。収穫されたコーヒー豆は、天日干しされた後で焙煎されみなさんが知る姿になります。

コーヒーはもともとアラブの秘薬?!

味の素AGFの公式ホームページによると、コーヒーはエチオピアで発見されその後はアラブを中心として秘薬として愛用されていました。その後、飲酒に変わる嗜好品として飲用としてのコーヒーが広まったとのこと(アラビアで秘薬とされたコーヒー:味の素AGF株式会社)。コーヒーは、もともと眠気対策としてではなく健康のために飲まれていたものという歴史を持っています。

眠気対策だけじゃないコーヒーの持つ健康成分

日本では眠気対策として多くの人に愛飲されているコーヒーですが、眠気対策以外にも多くの飲用効果があり、論文もたくさん出されています。代表的な論文として2015年に国立がん研究センターが『コーヒー摂取量と日本人集団の総死亡率および原因別死亡率との関連(Association of coffee intake with total and cause-specific mortality in a Japanese population: the Japan Public Health Center-based Prospective Study)』という論文を発表しています。

この論文によるとコーヒーを1日に3~4杯飲む人は、全くコーヒーを飲まない人に比べ死亡リスクが24%低くなるという結論が示されています。死因別な調査としては、ガン死亡には関連性が見られませんでしたが、心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患についてはコーヒー摂取による危険度の低下が見られたとのこと。これらの効果は、コーヒーの成分であるカフェインとクロロゲン酸によるものとされています。

参照元:国立がん研究センター「コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について」

家でも簡単!コーヒーの抽出方法

ハンドドリップ(ペーパードリップ)

コーヒーの抽出として、最もおなじみの方法です。自分でコーヒーを淹れたことがないという方でも、ハンドドリップをしている様子は想像できるのではないでしょうか。コーヒー豆は、お店で挽いてもらう事もできるのでドリッパーとコーヒーフィルターさえあれば、すぐに始めることができる方法なのでとてもお手軽です。お手軽ですが、バリスタ世界大会が開催されているくらい奥が深いコーヒーの抽出方法です。ハンドドリップには、数多くのレシピが存在しておりインターネットで調べても様々な淹れ方が出てきます。同じ豆を使っていても淹れ方や抽出時間で全く別の味になるので、様々な方法を試しながら自分の好みを見つけることができます。

フレンチプレス

近年注目されているコーヒーの抽出方法が、フレンチプレスです。コーヒー豆の味を安定して抽出できる上、お湯を注いで待つだけなので初心者でも簡単に始めやすい抽出方法です。お湯の量・コーヒー豆の量・蒸らす時間の3点さえ決めてしまえば誰でも同じ味を安定して出すことができます。また、ハンドドリップで使用する紙フィルタとは違い、金属製のフィルタを使うので紙フィルタでは濾し取られてしまうコーヒーオイルの成分も存分に楽しむことができます。

好みのコーヒーはどうやって探す?

焙煎コーヒー専門店へ行くのがオススメ

あなたの街のどこかにも、焙煎コーヒー専門店があると思います。コーヒーを自分で淹れる事を決めたら、焙煎コーヒー専門店へ行きましょう。焙煎店には、コーヒーに精通した焙煎士さんがいます。その方に、自分の好みの味を伝えるとオススメのコーヒー豆と焙煎度合いを教えてくれます。初心者の頃は、好みを伝えてオススメをしてもらうというところから始めるのがおすすめです。2回目以降は飲んだ感想を伝えると、焙煎方法を買えてくれたり別の豆をおすすめしてくれるようになります。

ハンドドリップコーヒーを提供しているお店で飲むのもよい

自分で淹れていると「この豆を使って淹れているこの味、本当にあっているのかな?」という疑問が出てきます。そこで、プロのバリスタがハンドドリップで淹れてくれる喫茶店を探して行ってみましょう。多くの場合、コーヒー豆は1種類ではなく複数またはブレンドを置いていると思います。そこでもし美味しいと思うコーヒーと出会えたなら、こう聞いてください。

「今日のコーヒー、豆はなんですか?」

そうすると、よっぽど秘密主義のお店じゃない限りはシングルオリジンの豆の種類やブレンドに使われている豆を教えてくれます。焙煎度合いまでは教えてもらえないことも多いですが、豆を知れたらあとは、ネットや店舗で同じ種類の豆を買ってみればよいのです。

StayHomeの趣味として是非ハンドドリップコーヒーを

いかがでしたか?ハンドドリップしてみたいなと思って頂けていたら幸いです。コーヒーには健康成分だけでなく、ドリップしたての香りに含まれるコーヒーアロマという成分があり、精神的なリラックス効果が得られます。在宅勤務や家庭での育児の合間にホッと一息つくのに、自分で淹れたコーヒーを飲むのはとてもおすすめです。手軽に始められる在宅趣味ですので、ぜひこの週末から始めてみてください。好みの豆が見つかったらコメントで教えて下さいね!

私の好みは、『イルガチェフェ G1』と『パプアニューギニア・シグリ』です。フルーティーな甘みがあってとてもおすすめです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました