【買って良かった】0歳〜1歳児向けでとても便利だった抱っこひもを紹介します!

育児
スポンサーリンク

現在、息子は2歳を超えて自分でもかなり歩くことができるので、抱っこひもからは卒業しました。つい先日まで、外出のときに必ず抱っこひもを持参していたのが懐かしいです。

息子が抱っこひもを卒業するまでの間は、いくつかの種類の抱っこひもを使い分けて来ましたので、用途別に紹介します。

抱っこひもはいつから必要か

抱っこひもを用意する時期は、プレパパ・プレママにとって悩ましいものだと思います。結論から言うと、赤ちゃんが生まれてくる前に抱っこひもは用意しておくと良いでしょう。「新生児はずっと家にいるし・・・」と思われるかもしれません。でも、産婦人科の病院から退院するときや1ヶ月検診のときなど、頻度は高く有りませんが早い時期から抱っこひもがあると便利な場面があります

赤ちゃん向け抱っこひもの選び方

抱っこひもは、使用すると両手を開けることができるのでとても便利な道具です。人気があるアイテムなので、幅広い種類の抱っこひもが販売されています。では、どのように抱っこひもを選べばよいのでしょうか?判断材料となるポイントを紹介します。

首が座っているか

首すわりをしているかどうかという点が、まずはじめの判断材料となります。首すわりがしていない赤ちゃんに使うことができる抱っこひもは、とても限られてきます。パパ・ママの両手を開けるということが目的なので、抱っこひもの機能として赤ちゃんの首と身体を支えてあげられるものを選んであげましょう。新生児向けの抱っこひもや首すわり後も利用できるようにパットを入れるタイプのものがあります。

抱っこひもの対象体重

当然ですが、抱っこひもには対象体重が定められています。対象体重以上の赤ちゃんを乗っけると、抱っこひもが破損してしまう可能性がありとても危険です。抱っこひもが破損すると赤ちゃんが落下する事故に繋がりかねないので、必ず対象体重は確認しましょう。

抱っこひもの利用方法(抱くときの向き)

抱っこひもには、抱っこをする向きにより4タイプ存在します。用途や好みによって選びましょう。個人的には、横抱きは使いませんでしたが、ハイブリットで利用できるタイプの抱っこひもを選んでおくと、成長に合わせて使い分けができてとても便利です。

抱っこひもの種類

対面抱き:パパ・ママと赤ちゃんが向かい合う方法。定番のスタイル。
前向き抱き:パパ・ママと赤ちゃんが同じ方向を向く抱き方。
腰抱き:パパ・ママの体の横に赤ちゃんがしがみつくような体勢で抱っこする方法。
おんぶ:背中でおんぶする方法。前方があくので便利。

抱っこひも選びは素材も大切

赤ちゃんに使うものなので、素材もこだわると良いでしょう。赤ちゃんは体温調節が苦手なので、夏場に使うときはメッシュ素材など利用時期にも併せた選び方をするといざ使う場面でとても役立ちます。

月齢別おすすめの抱っこひも

新生児期(首すわり前まで):ベビービョルン「ベビーキャリアMINI」

新生児期から1歳ころまで利用可能なタイプの抱っこひもです。ベビービョルンの「ベビーキャリア」はとても人気のシリーズですが、頭と首をきっちりと支えるタイプなので、「ベビーキャリアMINI」を新生児期向けに選びました。このタイプには、メッシュ素材もあり、この点も選択する理由となりました。

首すわり後もしばらくの間は、首を支える機構を折り曲げて利用することができるので、とても便利です。対象月齢は12ヶ月までとなっていますが、11kgまで利用可能な設計なので大きな赤ちゃんでも安心して使うことができるのも嬉しいポイントです。

また、寝てしまったときもそのままベッドに寝かせることができる設計になっているので、寝かしつけにも利用できとても便利です。

首すわり後:エルゴ オムニ360 クールエアメッシュ

定番のエルゴ、ハイエンドの「オムニ360」シリーズを利用していました。このモデル、実は新生児期から使うことができるのですが、ベビービョルンは寝てしまったときに抱っこひもごと寝かせてしまうことができ便利なので、首すわり後からエルゴに切り替えるという使い分けをしていました。

エルゴは、赤ちゃんの大きさに合わせて足幅の調節ができたり、赤ちゃんに負担のかからない姿勢で支えることができるのがポイント。対面抱き・前抱き・横抱き・おんぶ全ての抱き方に対応しているので、とても汎用性が高いです。成長や赤ちゃんからの要望に合わせて使い分けをすることができます。

首すわり後:ベビーアンドミー ONE-Sシリーズ

ベビーアンドミーの「ONE−S」シリーズが、一番利用した抱っこひもです。このシリーズの特徴は、ヒップシートがついていること。赤ちゃんの体重が増えてくると肩への負担が増えてきます。思いリュックをずっと背負っている状態をイメージしてください。ベビーアンドミーの「ONE-S」シリーズは、肩と腰に負荷が分散するため体重が増えてきた赤ちゃんを抱っこするときにとても楽になります。前向き・対面・おんぶの3Way対応で、ヒップシートだけにすると横抱きも可能となります。

ヒップシートと抱っこ機構は分離することができるので、ベビーカーを持参するときにヒップシートだけを外して持っていくという使い方もしていました。スリーピングフードも付属でついてくるのですが、別売りで様々な種類が販売されていてアレンジをすることもできます。

 

首すわり後:エアリコベビー

「赤ちゃんがよく眠る抱っこひも」というキャッチフレーズで販売されているシリーズです。助産師監修の安心設計で、赤ちゃんが安心する体勢で包み込むことができるのでよく寝てくれるという口コミが多い抱っこひもです。ベビービョルン同様に、寝てしまった赤ちゃんを起こすことなく着脱できる機構なので、家での寝かしつけのときにも活用することができます。我が家でもなかなか寝てくれないときに、エアリコベビーの抱っこひもを使うとすぐに眠ってくれたので大活躍でした。

バックルや腰ベルトなど大きなパーツがない抱っこひもなので、折りたたむととてもコンパクトになりベビーカーと一緒に持参する抱っこひもとしてとても便利です。3歳(20kg)までは利用することができるので、歩くようになってからもカバンに忍ばせておくと何かと便利です。

デザインも10種類以上と選択肢が多いのもポイントのひとつ。ぜひ、ご自身の好みに合うデザインの抱っこひもを選んでみてください。購入は、公式サイトのみとなります。

 

抱っこひもは複数持っていると便利

新生児期〜現在まで様々な抱っこひもを使ってきましたが、抱っこひもは複数持っておくと便利だと思います。それぞれ特徴があり、活用できるシーンも異なっています。選択肢を持っておくことで、場面に応じた利用ができます。赤ちゃんとの生活の幅を広げるためにもご自身の生活スタイルに合った抱っこひもを見つけてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました